サイコパスの特徴 (反社会性パーソナリティ障害)

サイコパスの人間の大部分は殺人を犯す凶悪犯ではなく、通常の社会生活を営む異常人格者であるとされています。身近にいて、誰でも関わる可能性があるということです。

リスクを減らすためにも、特徴を調べていきましょう。

サイコパスとは

サイコパスの特徴は、極端な冷酷さ・無慈悲・エゴイズム感情の欠如結果至上主義です。

サイコパスは病気(いわゆる精神病)ではなく、ほとんどの人々が通常の社会生活を営んでいます。

そのため、パーソナリティ障害と位置付けられており、日本では反社会性パーソナリティ障害と名称されています。医学的(脳の構造的)にサイコパスと同じ状態であっても、反社会性がなければサイコパスとはなりません。

反社会性などの診断基準を満たす者は幼少期からの素行問題など行動面の異常を示すことが多いです。

関連があると思われる愛着スタイルについての記事

非行にいたる危険因子についての記事

ドーパミンについての記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする